コラムWho am I? vol.8 自分が成長してきたなと気づく瞬間

連載コラム Who am I?
エニアグラムで自己探求


vol.8 
自分が成長してきたなと気づく瞬間

みなさま、こんにちは。
今年の前半も終わりましたね。梅雨の雨音をBGMに書いています。みなさまはいかがお過ごしでしょうか?私は、思春期の娘の成長を見守りつつ、地元西東京市で引き続きコロナ感染対策に留意しながら、プライベイトサロンとエニアグラムを活用したコラボの仕事、そして、10代の子どもたち向けの新しいオンラインコミュニティー作りを本格的に始めています。

私と同じ、思春期のお子様をお持ちのママも読んでくださっていると思います。この時期特有の不安定な心の我が子にどう接していいか分からないと感じている方も多いのではないでしょうか。子どもといっても、10歳を過ぎれば、自分の内面の動きや性格に興味を持ち始めます。他人のとの違いを意識したり、優越感↔劣等感なども芽生えます。そして、自分のエニアグラムタイプを知ることも出来ます。あくまでもタイプを決めるのは子ども本人です。親が自分のタイプのフィルタを通して予想するタイプとは違うことも多いのです。

娘が「私このタイプだわ」と言った日、その言葉に沿って、幼少期からの我が子の様々な場面を思い出してみました。すると、あの時はこうゆう気持ちだったんだなぁ。そうゆう信念や理由で起こした行動だったんだなぁ。私の言葉や態度は負担だったかもしれないなぁ。と謙虚に受け入れることができました。親が自分の内面のしくみを理解出来ていれば、相手の内面のしくみも抵抗なく理解できるのです。エニアグラムを知れば、子どもと上手に寄り添いながら、より良い信頼関係を気づくことができます。


さて、今回は、前回ご紹介したストレス(分裂)の方向と対になる理論である、成長(統合)の方向について、お話しします。エニアグラムの図で一つのタイプの数字にあたる点から出る2本の直線の内、もう1本が成長(統合)の方向を示します。…続きを読む▼

vol.8 自分が成長してきたなと気づく瞬間

ママ人生が花開く=ブルーミング・マム
「Blooming Mom」
プロマム認定講師
髙橋有加
https://bloomingmom.jp/ より

他の記事も全部読む


エニアグラムとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA